フランチャイズを募集する訳には、多数のメリットの存在があります。

フランチャイズを募集する訳

企業がフランチャイズを募集する訳には、メリットが多数存在するためです。

その中でも、人材の確保、業務の効率化、低コストといった事が主にあげられます。
独立開業したいと考えている個人であり、オーナーとなるため、経営視点を持つ人材を容易に確保できます。

経営に関しての指導は必要ですが、基本的に個々の経営に関してはオーナーが行うので、従業員の採用や教育、指導に関しても各オーナーに任せることになります。
企業側は管理者となる人材を得る事ができるのです。
それにともない、企業の正社員が直接店舗での運営を行う必要も減るので、営業や企画、商品開発といっ企業が行うべき業務に人材を充てることができます。
店舗管理に正社員を充てることなく、本部での業務の効率化が図れます。

また、フランチャイズの参入には、一定の開業資金が必要になりますが、フランチャイズの加盟者が負担することで、本部は低コストで事業規模を拡大することができます。
店舗に本部の人員を多数配置しなくてもよいので、人件費を抑えることもできます。フランチャイズの利用により、企業は短期間に低投資で事業の拡大を行えます。
また、フランチャイズ加盟店での独創的なアイディアやノウハウが生まれれば、本部はそれを各加盟店に活かすことができます。

 http://www.fc-hikaku.net/

フランチャイズは、雇用機会の創出や、個人の独立開業の支援、地域社会の活性化にも貢献し得る面もあり、社会的な価値を生み出します。
企業にとっては、事業規模の拡大や低コストといったメリットだけでなく、社会的な付加価値を得ます。

このようなメリットから企業は今後もフランチャイズの募集を行っていくことでしょう。

フランチャイズイメージ